菊花と春菊と茸のお浸し

菊花と春菊と茸のお浸し

菊の花には、古来より、邪気を払い、寿命を伸ばすという言い伝えがあり、重陽の節供には、食用菊をいただく習慣があります。

【材料】(4人分)

春菊1束 

菊花4輪

しめじ20本

だし200cc

薄口醬油大さじ1

塩少々

1

春菊は葉と軸に分ける。熱湯でさっとゆでて冷水に落とし、水気を絞ってざく切りにする。

2

菊花はむしり、酢少々を入れたお湯で、さっと湯がき、冷水にとる。水気をよく絞る。

3

しめじは石突を落としてばらす。熱湯で湯がく。ざるにあげて粗熱をとる。

4

だしを調味し、1.2.3を入れて混ぜ合わせる。30分ほどおいてなじませる。

5

器に盛りつけて供する。

【レシピ提供】和食文化国民会議 技・知恵部会 幹事 長田勇久