端午の節供

「端午(たんご)」の節供は男子の節供?

現在では「こどもの日」となって、祝日とされている「端午の節供」は、季節がら「菖蒲(しょうぶ)の節供」とも呼ばれます。男の子の節供とされますが、これは「しょうぶ」が「勝負」や「尚武(武を重んじること)」と同音であるため、武士の世になった鎌倉時代に、競馬や流鏑馬などという勇壮な行事が行われるようになり、武者人形や兜を飾り、男子のたくましい成長を願う節供になった、といわれています。

なぜ「端午」?
「端」は「はし」、つまり「始まり」という意味です。
5月は、旧暦では午の月にあたるので、この午の月の最初の午の日を節句として祝ったのが後に5月5日の端午の節供になったといわれます。

じつは女性の厄除けの節会だった

古代中国では、5月は悪い月とされていました。そのため、強い香りに魔よけの力があると信じられていた葵や菖蒲などの薬草で、悪い気をはらう行事を行いました。

季節はちょうど田植えの時期。田植えは女性の仕事だったため、女性だけが菖蒲で屋根をふいた小屋に集まって「菖蒲の節供」を行ったという説もあります。それが、鎌倉時代から江戸の時代に、男子の節供となったといわれているのです。

菖蒲湯に入ったり、菖蒲酒を飲んだりするのも、匂いの強い菖蒲が、蛇や虫を寄せ付けなかったため、その香りには悪霊や厄災をはらう呪力があると考え、その力にあやかろうとしたためです。

端午の節供に欠かせない粽(ちまき)と柏餅

粽は、中国の三国時代(2~3世紀)の文献に、夏至と5月5日の前日に、もち米をマコモの葉で包んで灰汁で煮た粽を食べる、と書かれています。日本の『延喜式』(10世紀初頭)にも、5月5日に粽を食べると書かれています。

柏餅は、江戸時代の宝暦(18世紀半ば)に江戸で販売され始めたと記録されています。柏は、新芽が出るまで親の葉が枯れ落ちないため、代々家系を継承していくイメージを重ねて縁起を担いだとされます。各地に多様なスタイルが伝わっていますが、西日本ではサルトリイバラ(山帰来)の葉を用いるのが一般的です。